Webmaster

未分類

いまではエスティマが霊柩車

かつて霊柩車は宮型だった 宮型霊柩車 平成の中頃まで霊柩車と言えば「宮型」。自動車を改造して輿こしを乗せ、その中に遺体を入れて運ぶ。かつては遺体を入れた桶を人が担かついで墓地まで運んだそうだ。身分の高い人だけが棺に横になったま...
未分類

東京の火葬場は民営が主体

東京の火葬場は民間経営が多い、火葬炉、料金にはランクがあり、部屋借りの費用、飲食代金はホテル並みだと思っておけば間違いがない。
未分類

東京の霊柩車

昭和から平成の初めにかけて霊柩車は「宮型」が主流だった。それが時代の流れとともに→洋型へ。現在では本来は遺体を運ぶための車両、寝台車に棺を乗せて火葬場に向かうことも珍しくはなくなった。これからは自家用車で運ぶ人が増えるのだろうか……。
未分類

東京から花環は消えた……

かつて東京の葬儀式場では生花と同じくらいの数の花環がたてられ飾られていた。いつぐらいからだんだんと目にしなくなっていったのか……振り返ってみた。
未分類

東京の火葬時間

火葬の時間は火葬炉の方式、設備の新旧によって違います。最新の設備はコンピュータ―制御、時間も短いし無煙、無臭となっています。しかし、火葬中に「精進落とし」の会食をする場合が多いので、時間が短ければ良いというものでもありません。
しきたり・マナー

しまった!ネクタイ忘れた!

葬儀に参列しなければならないのに、黒いネクタイがない。デパートやスーツ専門店に行く暇がない、100円ショップのものでは安っぽいし、近くのコンビニにも見当たらなかった……そんな時は斎場や葬儀社のスタッフにたずねましょう。
未分類

焼香、抹香の原料

葬儀に参列すれば仏式の場合は必ず焼香をする。木を細かく刻んだものを炭の上で燃やすと煙とともに香りが立ち上る……。一般の人はどんなものが原料に使われているのか、気にしたことはないのではないか?割と身近な原料や高価な香にはそれなりの希少な植物が使われていたりする。
未分類

焼香の正しい回数

日本の仏教は大きく分けて13宗派、さらに細かく分ければ56宗派もあります。そのすべてを網羅することはできないけれども、浄土宗系、天台宗系、真言宗系、日蓮宗系、禅宗系と主だった宗派の焼香の回数と意味を調べてみました。
ネット系 葬儀仲介業者

火葬料金を別にする理由

葬儀社の葬儀プランの料金に火葬料が含まれていない場合、別途でどれくらいの費用がかかるのでしょうか?――民間と公営の火葬場では大きく料金が異なります。ご自分の地域の火葬場を調べてみることも大切です。データベースも紹介します。
ネット系 葬儀仲介業者

イオンのお葬式 夕刻一日葬とは(×廃止されました)

イオンのお葬式には他社にはない独自のプラン「夕刻一日葬」があります。このプランは通常の「一日葬」とどこが違うのか?価格や内容を比べてみました。――はたして、このプランにメリットはあるのか、そしてデメリットは?
タイトルとURLをコピーしました